アライコダイ

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

玄葉光一郎政調会長会見詳報(4)(産経新聞)

■「(政策を扱う党の組織は)できるだけシンプルにしたい」

−−なぜ、新しい政調会では族議員を防げるのか

 「あのですね、一言で言うと、族議員と専門議員は違うのではないかということだと思います。つまり、族議員の定義をどういうふうに定義するかにもよるのですけれども、いわゆる、その、癒着を伴うものを族議員とすればですね、癒着を伴わない専門議員をつくっていくということが大切なんだろうと思うんですね」

 「ですから、幹事長室に一本化された要望、あるいは陳情システムを、ま、今後、政策調査会で一手に引き受けるのがいいのかといえば、それもまた考えなきゃいけないと。なぜかというと、族議員を生み出しやすいから。

 ですから、そういうことをも含めてですね、最終的にはですね、仕組みを検討していくということになりますし、先ほど、冒頭、申し上げることを忘れましたけれども、最終のですね、この一元化と、この闊達な議論、与党の政策関与の最終の、なんて言うんですか、最終の境目っていうのは何かっていうと、厳格な事前承認制をとるかどうかなんですね。各部門会議か政策会議か部会か何か分かりませんけれども。そこで絶対に、その、承認しなければ絶対、政策にならない、意思ににならない、これじゃダメなんですね。

 「そうしちゃったら、もう一元化じゃなくなります。ですから今、一部申し上げましたけれども、その一元化という前提で闊達な議論の場が全員参加でできるような政策調査会をどう作るかということについては、ま、これからですね、あまりここですべて今日中に結論を申し上げるのはよくないと思いますので、多くのみなさんと相談をしながら、また、専門家ともしっかり議論をしながら、最終的な案を出したいというふうに思っております」

 −−民主党にある各省政策会議、議員政策研究会や質問研究会は基本的に廃止する方向か

 「うん、あの、よく民主党の現状をご存じだな、と思いますけれども、確かにですね、どういうことが起きてきたかというと、今まで一元化ということで、副大臣が主催の政策会議というものが行われたんですね。で、事実上、説明に終わると。それで(党側に)すごく不満がたまっていったもんだから、今度は国対の下に質問研究会という一種、勉強会を置いたと。非常に仕組みが複雑になっているというのが現状です」

 「ですから、そのことをですね、どういうふうにするかも含めて、ちょっと今、断定はできませんので、できる限り分かりやすくシンプルにできるようにしたいな、という思いを持っているということだけ申し上げたいと思います」

 −−政調の各部門会議の責任者は新しく任命するの

 「そこを含めて、あの、検討させてください。いろんなパターンがあり得るというふうに思います」

 −−マニフェストの作成が遅れているが、いつまでに政権公約会議を開くか。政調会長としてどのように関与するか 

 「まさに今、(政調会長に)なったばかりなのでですね、多分、現状は政権公約会議っていうのは存在しなくなっているんだと思うんですよ。ですから、その仕組みも含めて、今日も実は内々、あの、企画委員会の中心メンバーが作業をしているのは事実です。えー、内容はそもそもはかなり詰まっているんですけれども、ただ、菅新代表の意向っていうのがあるもんですから、そういう意味で、作業がまだまだ必要になると。一方で、選挙の期日は迫っていると。ただ、選挙の期日がいつになるかはまだ定かではないということもありますので、そのことも踏まえて、期日も決めたいということです」

 −−次の総選挙までの間は消費税を上げないで十分なのか。総選挙の前倒しも含めて検討するのか

「これ、あの、総選挙を決めるのは総理なので、私が申し上げる立場にありません」

 「で、先ほどおっしゃったように、3年かといえば、3年とは限らない。あくまで次の総選挙までは上げないというのは、これはまさに第1の約束だったと思うんですね。ですから、それまではですね、とにかく名目経済成長率を上げることと、それと、ギリギリまでの歳出削減というものをしっかりやり遂げるということに尽きるのではないかと思います。

 同時に、次の総選挙後に税制の抜本改革を行うということは、次の総選挙までに制度設計をするということが実は大事なのではないかというふうに思っていまして、そのこともですね、タブー視せずに、やはり議論すべきではないかと思います」

【関連記事】
新幹事長が「脱・小沢戦略」示唆  参院選候補問題
民主党執行部がスタート 「菅政権」8日発足
民主党新執行部 枝野幸男幹事長 絶妙な政界遊泳術で…
菅氏したたか?続々内定組閣人事“仕分け人”蓮舫氏も大臣に
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
世界遺産暫定リスト入りへ=佐渡鉱山、百舌鳥古墳群―文化審(時事通信)
雑記帳 人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)
新党改革、参院選兵庫にNPO法人理事長(産経新聞)
「素晴らしく、見飽きない星」=毎日リハビリ、体調は万全―野口さん、米で会見(時事通信)
[PR]
by kxikl4nohz | 2010-06-15 09:37

小鳩の奇妙な共存関係…それでも2人は辞めません(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題は、巡り巡って元の鞘に収まった。鳩山由紀夫首相の定見のなさここに極まれりといった様相で、社民党の連立離脱を待つまでもなく、求心力の低下はこれからもますます深刻になっていくだろう。

  [イラスト]小沢一郎 “政治屋”体現に期待します

 それにしても、この騒ぎの渦中で、民主党の小沢一郎幹事長が社民党の重野安正幹事長と電話会談し、参院選の選挙対策をめぐり意見交換をしたのには驚かされた。「選挙のプロ」と評される小沢氏ならではの電光石火の動きだと評価してのことではない。

 国民の生命・財産に密接にかかわる安全保障政策で認識を異にする政党と選挙協力を維持するというのだから、この無節操ぶりが国民にどう映るのか、と脳裏をかすめたのである。

 夏の参院選まであと約1カ月半と迫っているため、鳩山政権がふがいなさをみせつければみせつけるほど、小沢氏の焦りも増幅するとみえる。

 「選挙は川上(選挙区内の郊外)から攻めろ」「組織・団体を切り崩せ」「辻立ちを一日に何回もやれ」…。小沢流選挙の真骨頂は、一人でも多くの有権者に顔を覚えてもらい、政権党の強みを生かし、組織・団体の支持を獲得するやり方に尽きる。当たり前のようだが、これを徹底するところに小沢氏のすごさがある。

 ただ、普天間問題は言うに及ばず、首相と小沢氏の「政治とカネ」問題のあおりで、選挙結果に多大な影響を及ぼす無党派層は、鳩山政権に愛想を尽かしており、小沢流選挙を推進しても、大きな流れにあらがうことはできないだろう。

 民主党内では今後、「選挙で勝てる顔」を立てるべきだとの声が強まり、「鳩山降ろし」が本格化するかもしれない。自民党にも「小沢氏が『選挙のプロ』など自ら幹事長職から引くことだ。最も効果的な選挙対策なのだから」(幹部)と皮肉混じりの声があり、小沢氏が突然、辞任する局面もないとはいえない。

 それでも今のところ、鳩山−小沢体制で参院選に臨むとの見方が有力のようだ。

 となれば、参院選の結果が芳しいものになるわけがなく、取材先で会った国会議員や政党関係者らの見立てでも、民主党が単独で過半数を獲得することはあり得ず、社民、国民新両党の獲得議席を含めた与党でも困難視されている。

 不利な体制で参院選に臨む民主党のセンスは、実に不可解であり、そうした自浄能力が発揮できない党体質にも言葉を失う。だが、このまま参院選に突っ込んだら、どういう政局が巻き起こるのか。そこのところに、保身と裏腹な小沢氏の深謀遠慮がうかがえる。

 参院選までに風向きが変わり、よしんば勝利を収められれば、願ったりかなったりのシナリオで、党内からは続投に表立って異論は出ないだろう。敗れれば、当然のことながら、鳩山−小沢体制に終止符を打つべく責任論が浮上する。

 だが、民主党中堅の一人はこう予測する。

 「鳩山−小沢体制で参院選に臨めば、負けたとしても2人そろってポストに居座るのではないか」

 理由はこうである。敗れた場合には、参院で過半数を獲得するため、政党の合従連衡がまたぞろ始まるのは明らか。民主党を見渡したとき、その政局を仕切る手腕を有している政治家は、やはり小沢氏しか見あたらない。選挙で負けても、過半数獲得を実現する政局運営の主導権を握り、のしかかる責任論を吹き飛ばそうというわけだ。

 首相が政権運営に引き続き携わると見るのは、「ポスト鳩山」として党内外で認知されている有力な政治家がおらず、星雲状態である事情が大きい。そのうえ、普天間問題の尻ぬぐいは勘弁してほしい、首相に最後までやってもらおうと、功利的に頭を巡らす「永田町の常識」が結果的に、ポスト鳩山の争いを静かにさせる。

 鳩山−小沢体制は、双方が好むと好まざるとにかかわらず、まさに一蓮托生であり、奇妙な協力関係を保っている。

【関連:松本浩史の政界走り書き】
橋本元首相が草葉の陰で泣いている…鳩山首相の普天間対応のひどさ
首相また公約破り? 普天間問題の決着は困難
「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?
民主・小沢幹事長にまつわる忖度政治の代償
鳩山首相は内閣改造・党役員人事で反転攻勢へ?

<高野山競書大会>弘法大師賞など上位3賞決まる(毎日新聞)
<雑記帳>新社会人「年功序列」希望が4割以上 ネット調査(毎日新聞)
特急「燕」運行80年 西へ、西へ「超特急」輝き再び(産経新聞)
SSのリンゴ砲攻撃に竹の棒で応戦?!負傷した捕鯨船団の乗組員が証言 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)
<パロマ中毒死事故>元社長ら控訴せず 有罪確定へ(毎日新聞)
[PR]
by kxikl4nohz | 2010-06-02 06:52


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧